入居審査の状況を確認

積み木

空室対策としては必須

空室対策として活用できるのが家賃債務保証ですが、その目的で利用するときには業者の選定には慎重になった方が良いでしょう。家賃債務保証が空室対策になるのは連帯保証人を立てる必要がなくなって、より多くの人を受け入れられるようになるからです。未納のときには業者が家賃を払うという形でオーナーの収入が確保されるため、連帯保証人を立てなくても問題ないと判断できるようになるでしょう。このときに重要なのが業者が代わりに未納のリスクを負うことになるということです。もし家賃を払ってもらえないときには業者が損をすることになります。そのため、業者としては確実に家賃を払えるけれど、連帯保証人になる人を見つけられない人だけを受け入れたいと考えることが多いのです。もともとお金もなくて身寄りもない人も受け入れてしまうと損失を生むリスクが高くなってしまうでしょう。結果として入居審査が厳しくなっている業者もあります。その状況について説明を求めて確認した上で家賃債務保証の契約をすると望むような形で空室対策に活用できるでしょう。審査方法は業者によって大差があり、所得証明などの所得に関する書類を利用するだけでなく、クレジットカード会社に加入できるかどうかで判断する場合もあります。過去の滞納履歴を調べてどの程度まで許容するかも業者によって異なるため、基準を可能な限り明示してもらいましょう。家賃債務保証の利用により受け入れられる人の範囲を決める要素だと留意しておくことが大切です。